大人ニキビは睡眠不足も影響する?

MENU

大人ニキビは睡眠不足も影響する?

大人ニキビは睡眠不足も影響する?

大人ニキビは睡眠不足も影響します。

 

 

なぜなら、人は寝ている間に肌が再生されるからです。
良質の睡眠を十分にとることで、毎日肌は自然とケアされていきます。

 

 

 

 

 

ケアする時間がとれないと、大人ニキビができてしまいます。

無理して睡眠時間を減らして仕事をして、目の下にクマを作るのがはじまりです。
寝不足の生活が続けば、肌はケアされず悪化の道をたどります。
そして、気がつけば大人ニキビとなるのです。

 

では、大人ニキビを睡眠で改善するには、どうしたらよいでしょう。

ますは充分に睡眠をとることです。
時間としては、7〜8時間ほどです。

 

それから、夜遅くまで起きている生活よりも、早寝早起きの方が、身体は回復します。
次に、寝具を清潔にしましょう。掛け布団、敷き布団、枕、と肌が直接触れるところは特にきれいにしておきましょう。

 

最後に、寝る時に着るものです。寝間着でもパジャマでも、清潔なものを着ましょう。
裸で寝ると開放感がありるラックスできるのは良いのですが、ニキビケアのためなら、布団の刺激から守るために、パジャマを着た方がよいでしょう。

 

仕事柄やお付き合いで、なかなか夜早めに寝ることができないという人でも、1週間に1回は早く寝る、というところから始めるとだんだんと改善されていきます。

 

大人ニキビの知識についての関連記事

 

  1. 大人ニキビを治す方法│あごニキビ原因
  2. 大人ニキビを治す方法!食事【良い食べ物】
  3. 大人ニキビ│背中ニキビの原因と対処法