non aはニキビ跡の赤みには使わない方がいいいの?

MENU

non aはニキビ跡の赤みには使わない方がいいいの?

non aはニキビ跡の赤みには使わない方がいいいの?

non aはニキビ跡の赤みには使わない方がいいのでしょうか。

 

とはいえ、non aは、ニキビケア専用の洗顔石鹸ですから、ニキビを改善することと敏感肌でも使えることを考えられて作られています。

 

なので、ニキビ跡の赤みでも、non aは使えます。

 

 

ニキビ跡の赤みは、とにかくきれいにすることと、洗顔後のケアが大切です。

まず、ニキビ跡はきれいにすることです。毛穴の中に詰まった汚れを、non aで洗顔することできれいにします。
non aはキメ細かい泡でのクッション洗顔です。肌への刺激を少なくして、それでいて毛穴の奥まで入り込んで汚れを取り除いてくれるのです。

 

毎日洗うことで、だんだん汚れが落ちてきてさらに毛穴が締まってきます。

 

そして、大切なのは洗顔後です。

non aは、保湿のことまで考えてくれています。
non aの中には、天然成分が含まれています。

 

ローヤルゼリー、ヒアルロン酸、リピジュアです。
これで肌に栄養を与えて、うるおいも与え、しかも持続してくれるのです。
石けんで洗顔をするだけで、保湿までしっかりできるという効果まで期待できるというのはいいですね。

 

non aは、ニキビ跡の赤みにも使えます。肌への刺激が少ない洗顔石鹸なので、安心して使うことができます。

 

ニキビ跡の赤みにならない為に普段気を付けることは?

ニキビが出来た際に、ニキビ跡が赤みにならないように気を付けることが大切です。

 

赤みの部分の皮膚が炎症を起こしている状態ですので、紫外線に当てずにスキンケアを正しくするようにします。具体的には刺激のある化粧品の使用を控え、肌のターンオーバーを正常にするために食事や睡眠に気を付けるようにすると良いですね。

 

そして、赤みに効く化粧水でしっかりと保湿し、洗顔料は肌に刺激を与えない優しいものを使用するようにしましょう。

 

 

nona